コンテンツへスキップ

記事: 【枝もの図鑑|夏】スモークツリー

#枝もの図鑑

【枝もの図鑑|夏】
スモークツリー

みなさまこんにちは。

SiKiTOの「枝もの定期便」では、その時々の天候や仕入れ状況に応じて、プロが選定したベストな枝ものをお届けしています。

今回ご紹介する枝ものは『スモークツリー』です。

ウルシ科ハグマノキ属の落葉高木。

中国からヒマラヤ、ヨーロッパまでの広い地域が原産地です。

初夏に咲く煙のような花姿からつけられた花言葉は「賢明」「賑やかな家庭」など。

相手を煙に巻くことにかけていたり、密集した花姿からつけられたりとユニークな姿が人々の想像力を刺激してきたのですね。

スモークツリーの葉は蒸散して水が下がりやすいため、萎れてしまったものはこまめに摘み取ってあげましょう。

穂のふんわり具合は収穫時期によって変わります。

ドライになりやすく、短い流通期間の後半には収穫時点で水分が抜けているものも。

ウルシ科に分類されますが、かぶれることは稀だといわれます。念の為、切り戻し時の樹液にはご注意ください。

きれいにドライにできたら、ぜひ長く飾ってあげてくださいね。

 

*SiKiTOの枝もの図鑑は、こちらから。

    

こちらの記事もおすすめ

#枝もの図鑑

【枝もの図鑑|春】
フサスグリ

スグリ科 スグリ属の落葉低木。原産地はヨーロッパ。透明感のあるグリーンの...