コンテンツへスキップ

記事: 【枝もの図鑑|春】ハナズオウ(花蘇芳)

#枝もの図鑑

【枝もの図鑑|春】
ハナズオウ(花蘇芳)

みなさまこんにちは。

SiKiTOの「枝もの定期便」では、その時々の天候や仕入れ状況に応じて、プロが選定したベストな枝ものをお届けしています。

今回ご紹介する枝ものは『ハナズオウ(花蘇芳)』です。

マメ科ハナズオウ亜科の落葉小高木。原産は中国。

赤紫の花色が、スオウの木から採れる染料に似ていることからハナズオウと呼ばれます。

花言葉のひとつである「目覚め」は、花色の鮮やかさからつけられたのかもしれませんね。

直線的な枝ぶりは飾りやすく、うまく環境になじめば、花の後には愛らしいハート型の葉が展開します。

花姿を長く楽しんでいただくためには丁寧なお手入れや環境も大切です。

新緑の時期の枝ものは水が下がりやすいので、こまめな水替えや切り戻しを行い、涼しく風通しの良い場所に飾ってあげましょう。

 

*SiKiTOの枝もの図鑑は、こちらから。

    

こちらの記事もおすすめ

#枝もの図鑑

【枝もの図鑑|春】
シロバナマンサク

マンサク科シロバナマンサク属の落葉低木。白いポンポンのような花姿が個性的で...

#四季の香り定期便

【SiKiTOの商品開発レポート】
視覚と嗅覚で季節を楽しむ「四季の香り定期便」

SiKiTO初のオリジナルフレグランス商品である「四季の香り定期便」。約1...