コンテンツへスキップ

記事: 【枝もの図鑑|春】ナツハゼ(夏櫨)

#枝もの図鑑

【枝もの図鑑|春】
ナツハゼ(夏櫨)

みなさまこんにちは。

「枝もの定期便」では、その時々の天候や仕入れ状況に応じて、プロが選定したベストな枝ものをお届けしています。

今回ご紹介する枝ものは『ナツハゼ(夏櫨)』です。

ツツジ科スノキ属の落葉低木。

日本、朝鮮半島、中国が原産で全国の山地・丘陵地に自生しています。

夏時期にハゼノキのような美しい紅葉が見られることからナツハゼと呼ばれます。ブルーベリーの仲間で、「日本ブルーベリー」と呼ばれることも。

枝ものとしては初夏から初秋にかけて主に流通し、新緑から紅葉、実がつく様子など様々な表情を見せてくれます。

ワイルドな存在感が、アクティブな季節の到来を感じさせますね。

水をよく吸います。日にちの経過とともに徐々に水を吸いにくくなるので、水替えのたびに切り口を新しくし、ハサミで十字の切り込みを入れてください。

 

*SiKiTOの枝もの図鑑は、こちらから。

    

こちらの記事もおすすめ

#枝もの図鑑

【枝もの図鑑|春】
ヒメミズキ(姫水木)

マンサク科トサミズキ属の落葉低木。別名「ヒュウガミズキ」というそうですが...

#枝もの図鑑

【枝もの図鑑|春】
ライラック

モクセイ科ハシドイ属の落葉低木。ヨーロッパ南部地域が原産。ライラックは英...