コンテンツへスキップ

記事: インテリアに季節を運ぶ、おすすめの「枝もの」をご紹介

#枝もの便り

インテリアに季節を運ぶ、おすすめの「枝もの」をご紹介

四季の枝もの(啓翁桜、アセビ、パンパスグラス、ウメモドキ)

みなさまこんにちは。

「枝もの」とは、切り花として流通する枝の総称です。

春の花、夏の葉、秋の実、冬の常緑。四季折々、豊かな表情を見せる枝ものは切り花よりも存在感があり、しかも長持ち!

がさっと飾るだけで存在感のあるインテリアになり、お部屋に生まれる木漏れ日にも目を奪われます。

日当たりを気にしなくていいのも嬉しいポイント。リビング、玄関、キッチン、ベッドルームなど飾る場所を選びません。

リビング、玄関、キッチン、ベッドルームなどに飾った枝もの

春夏秋冬を通じてSiKiTOが枝もの定期便でお届けする代表的な枝ものをご紹介します。

 

《目次》

早春の枝もの(1-2月頃) 

春の枝もの(3-5月頃) 

夏の枝もの(6-8月頃) 

秋の枝もの(9-10月頃) 

冬の枝もの(11-12頃)

枝ものにおすすめの花器

  

早春の枝もの

連翹(レンギョウ)

連翹(レンギョウ)の花

レンギョウは年明け頃から出回る代表的な花枝のひとつ。英語で「ゴールデンベル」と呼ばれ、鈴のような黄色い花を鮮やかに咲かせます。

空に向かってまっすぐ伸びた枝姿からつけられた花言葉は「豊かな希望」「期待」など。新たな年の始まりにぴったりですね。

 

雪柳(ユキヤナギ)

春に小さい白い花を咲かせる「ユキヤナギ(雪柳)」

ユキヤナギも寒い時期に春を感じられる花材のひとつです。白い小花が並び咲く姿からつけられた花言葉は「愛嬌」「愛らしさ」など。

繊細で素朴な枝に次々と花が咲き乱れていく様子にうっとりします。

 

小手毬(コデマリ)

小さな白い花が特徴のコデマリ(小手毬)

柔らかく枝垂れたところどころに、小さな手毬のような花が集まり咲きます。その姿からつけられた花言葉のひとつが「友情」。

蕾の姿も愛らしく、どことなく少女的でノスタルジー。穏やかな色合いの葉との調和も魅力です。

 

春の枝もの

啓翁桜(ケイオウザクラ)

うす紅色の花が咲く「啓翁桜(ケイオウザクラ)」

支那桜桃(シナオウトウ)と彼岸桜(ヒガンザクラ)を交配して作られた啓翁桜は「早咲きの桜」として知られています。

花が落ちたあとには瑞々しい緑が顔を出し、葉桜も楽しめます。変わりゆく姿を楽しめることも枝ものの魅力のひとつです。

 

紅切躑躅(ベニキリツツジ)

花が付いた珍しい「紅切躑躅(ベニキリツツジ)」

「躑躅(ツツジ)」の字が2文字とも足編なのは「足を止めるほど美しいから」という一説があるのだとか。

葉姿には力強さを感じ、花が咲いた姿はどこか懐かしい雰囲気をまといます。

  

夏の枝もの

ドウダンツツジ

人気の枝もの「ドウダンツツジ」

枝ものの中でも特に人気のドウダンツツジ!

清涼感たっぷりの姿は夏のインテリアにぴったり。長持ちもしやすく、環境になじめば次々に新芽が展開します。

「ドウダン」の名は、枝分かれの様子が昔の夜明かりに用いた「灯台(トウダイ、結び灯台)」の脚部と似ていたことから響きが転じたものといわれます。

 

雲龍柳(ウンリュウヤナギ)

自由自在に細かく長く伸びる「雲竜柳(ウンリュウヤナギ)」

印象的な名前は雲間を登る竜のような枝姿が由来です。驚くほどの生命力で、新芽や気根がどんどん展開します。

生花として堪能したあとは、ドライにして個性的なインテリアとしてもおすすめ。

 

馬酔木(アセビ)

リビングに飾った馬酔木(アセビ)

猛暑にも負けない強さがあり、無造作に飾るだけで枝ものらしい存在感!

毒性があり、食べた馬が酔ったようになってしまうことから「馬酔木」と書きます。ペットや小さなお子様が口に入れないようご注意ください。 

 

秋の枝もの

野バラ(ノバラ)

ダイニングテーブルに飾った野バラ

花が終わる夏頃から枝にぎっしりとつきはじめる丸い実は、時期によってグリーン〜オレンジ〜赤へと変化していきます。

愛らしい存在感はリースやアレンジメントの花材としても大人気。日が経つとともにだんだんと実がドライになっていく姿にも趣を感じます。

 

パンパスグラス

ススキのような枝もの「パンパスグラス」

和名では「シロガネヨシ(白銀葦)」とも呼ばれます。長尺のパンパスグラスは空間を一気に秋の装いにしてくれる存在感があります。

草原地帯(pampas)に生える草(grass)というのが、名前の由来なのだそう。

 

ソラナムパンプキン

小さなカボチャ(南瓜)型の実をつける「ソラナムパンプキン」

ミニカボチャのようなソラナムパンプキンは、実はナス科。グリーンの枝ものとセットでハロウィンシーズンにお届けしています。

ツヤツヤと光沢のある実にジャックオーランタンの顔を描き込むのも楽しそうですね。

 

冬の枝もの

クリスマスセット

クリスマスにアレンジした枝もの(コットンツリー、コニファーブルーアイス、サンゴミズキ)

常緑のコニファーブルーアイス、真っ赤なサンゴミズキ、ふわふわのコットンツリーのコーディネートセット。

ブルーアイスの爽やかな森林香とともにクリスマス気分を盛り上げます。

 

白塗り枝

ツツジやケヤキなどのドライ枝を真っ白に塗った枝もの

ツツジやケヤキなどのドライ枝を真っ白に塗った冬らしい枝ものです。オーナメントを飾れば、繊細で新鮮なホワイトクリスマス空間に!

クリスマス時期はコニファーなどと、お正月時期には南天などと合わせてアレンジの名脇役としても活躍してくれます。

 

梅(ウメ)

年末から出回り始め、華やかな香りとともに少しずつ開花していくきます。

雪が降るほど寒い時期に凛と咲く姿からつけられた花言葉は「忠実」「気品」「忍耐」など。万葉集には梅を詠んだ歌が百首以上もあるのだとか。古くから冬に耐える人々の心を癒してきたのですね。

 

花餅「なみだ」

正月に飾る枝もの「花餅なみだ」

葉が落ちた後のヤナギなどに小粒の紅白餅を巻きつけた愛らしい花餅。まるで紅白の梅のようにお正月を彩ります。

年頭に豊作を祈願する行事の飾りもののひとつとされ、元々はお正月に花が咲かない雪国でも華やかな彩りを楽しめるようにと生まれたのだとか。

※花餅「なみだ」は枝もの定期便ではなく、受注予約販売商品です

 

季節の枝ものが自宅に届く「枝もの定期便」

桜やドウダンツツジ、野バラなど、四季の移ろいを感じる枝ものをお部屋のインテリアに取り入れてみませんか。

最低契約期間はなく、1回からお気軽にお試しいただけます

枝もの定期便(100cm程度)

寝室のベッドサイドに飾った枝もの

お花屋さんではあまり売っていない大きな枝もの(100cm程度)を市場から定期配送するサービスです。

枝もの定期便(100cm程度)の商品ページはこちら

 

都内限定プレミアムプラン(140cm程度)

リビングに飾った馬酔木(アセビ)

枝もの定期便プレミアムプランは、特に大きな枝ものを自社配送便でお届けする定額制サービスです。

一般の宅配便では配送が難しいため、専用の自社配送便でお届けします。

ご不在の際は置き配対応もいたします。さらに、配送時に前回分の古枝回収も行うので、処分のお悩みもありません。

都内限定プレミアムプランの商品ページはこちら

 

枝ものにおすすめの花器

枝ものを飾った花器(花瓶)

SiKiTOでは、長尺の枝ものをバランスよく生けられる花器も多数取り揃えています。

リビング、玄関、キッチンなど様々なシーンで映えるおすすめがたくさん。お気に入りを探してみてくださいね。

▶︎特集ページはこちら

 

枝もののお手入れアイテムも

外山刃物の剪定鋏で枝ものを切っている

また、剪定鋏や霧吹きなど、枝ものを長く楽しむための道具も取り揃えています。

▶︎特集ページはこちら

 

    

こちらの記事もおすすめ

#枝もの便り

【枝もの定期便イベント】
四季を感じる枝ものの集い〈初冬・クリスマス〉

2023年の年の瀬に、大切なお客様とともに初冬の枝ものを楽しむイベント...

#つくりてインタビュー

【シーズンジュエリー 2024 Spring】
Fillyjonkデザイナー・平岩尚子さんインタビュー

2024年春、SiKiTO初のジュエリーアイテムにともに挑戦してくださっ...